ハウススタジオに関する情報が満載!

自然光が差し込むハウススタジオで撮影するメリット

自然光が差し込むハウススタジオで撮影するメリット 自然光が差し込むハウススタジオは、ごく自然な写りになるため人物や商品の魅力を引き出すことができます。
人工的な光だと、部分的に光ってしまったり明るすぎてまぶしさを感じてしまいます。
これでは、魅力的に写すことは無理です。
自然光は、不自然さが全くない光なので、人や商品を撮影したときに自然な魅力を引き出すことができます。
また、自然光は、長時間の撮影にも耐えられる優しさがあります。人物撮影しているときに、必要以上の光を浴びていると疲れを感じてしまいます。
目がチカチカしてきたり、人によりめまいや頭痛も感じてしまい困るでしょう。太陽の光を存分に活かしたハウススタジオなら、長時間の撮影を行っても疲れを感じることがありません。
目も疲れないので、視力が弱い人も元気に撮影していくことができます。また体調不良になることがないので、子供やお年寄りなど、体力が低下している人たちでも長時間の撮影に耐えることができます。

ハウススタジオに備品を持ち込むことは可能?

ハウススタジオに備品を持ち込むことは可能? ハウススタジオは撮影のセットを一から作り上げる必要が無いうえに、その建物の醸し出す雰囲気を活用することが出来るので、近年多くの人たちからの人気を集めている撮影場所です。
しかし古民家や古い洋館などはもともと撮影用に作られたものではありませんから、求めている映像を作り上げるために必要な機材や備品を持ち込まなければいけない場合があります。
ハウススタジオ自体は基本的にはレンタル形式での使用となりますから、レンタル契約を完了させる前に備品の持ち込みが可能かどうかをきちんとスタジオ側に確認しなければいけません。
多くのスタジオでは火器類や危険な薬品・臭いの出る物や動物といったものの持ち込みを禁止しています。
またスタジオやスタジオにもとからある備品を傷つけてしまう恐れのある粘着力の強いテープや釘・画鋲の持ち込みも禁止とされています。
楽器やマイク・ホイッスルなどの音が出るものに関しては、撮影道具としての使用で音を出さなければ持込み可能となっています。
これら以外の害のない物の持ち込みはスタジオにもよりますが可能となっていますが、利用の際にはやはり十分な確認を事前に行うよう心掛けましょう。

新着情報

◎2017/10/22

ハウススタジオは清潔?
の情報を更新しました。

◎2017/8/22

備品の持ち込みは可能?
の情報を更新しました。

◎2017/6/16

開業資金や運営コスト
の情報を更新しました。

◎2017/3/6

ドラマにも利用
の情報を更新しました。

◎2017/1/4

グロス料金
の情報を更新しました。

「スタジオ 備品」
に関連するツイート
Twitter